闘争心について、答えのない自問自答

私は自他共に認める非常に煮えやすい性格です。

何度も打ち負かしてくる相手には、頭に血がのぼります。

画面に向かってありったけの暴言を吐いています。

これをきれいな言葉で表すなら闘争心です。

また、絶対に勝てないと思った相手には二度と挑みません。

悪く言えばチキン逃げ、綺麗に表すなら菩薩です。

 

闘争心がなければ強くなれない

むき出しの闘争心は非常に嫌われます。見た目が醜いからです。

藻掻き足掻き、感情が流れるままに向かっていくからです。

でも、その闘争心が消えればもう上に上がれないと思います。

対戦相手に礼を尽くすのは、当然のマナーかと思いますが、

私から言わせてもらえば「負けて悔しくないのか? 憎くないのか? 腹が立たないのか? 勝ちたくないのか?」と聞きたくなります。

どんなに負け続けても、DOAを止めない理由はここにあるのかもしれません。

ですが、このままではキャリバーと同じ道をたどります。

アレはもう、キャラそのものに憎悪しか抱けなくなり、このままでは精神的におかしくなりそうだったので辞めました。

 

闘争心を支えるものは、勝つ可能性

完膚なきまでに叩きのめされた場合は、立ち上がる力はありません。

でも向かっていくということは、たとえ幻想であろうと勝つ可能性を見出しているからです。

それでも負けるのですから腹が立ちます。

特に上から目線で、先生ぶっている対戦相手には。

そういう態度を取る奴は分かります。

教えてくれなんて言った覚えはないんだから、ふざけるなと言いたい。

つまり、挑発に乗ってしまっているとも言えますね。

闘争心=挑発に乗る単細胞、てことかもしれません。

 

モチベーションを保つ燃料は、闘争心か?楽しむことか?

両方持てばいいのでしょう。

闘争心に酔いしれ、その感情に快感を覚えるようになれば本物です。

どちらか一方しか考えられませんでしたが、

このブログを書いている時に考えがまとまってきたようです。

つまり、戦闘狂になればいいってことですかね。

もともとスマートにやって強くなれるなんて思ってませんから。

その両立が出来る可能性をDOAに見出そうとしています。

 

以上、答えが出ない自問自答でした。