ソウルキャリバーの魅力

いわゆる3D(ポリゴン)格ゲー勢がこぞって遊んでいるSCV
鉄拳プレイヤーも
バーチャプレイヤーも
SCVに注目し、対戦を楽しんでいるようです。


その魅力とは何なのか
鉄拳スタイルで戦っても、バーチャスタイルで戦っても
キャリバーなら通用してしまう懐の深さにあるのではないでしょうか。
しかも今回はコマンドがかなり簡略化されているので、
比較的楽に技を覚えることができます。


鉄拳は相手を浮かせたら勝ちなところがあります。
浮かせるためには相手の技を空振りさせて、そこにアッパーを入れます。
あとはコンボが続く限り壁まで運送。
SCVも同様に
相手の技を空振りさせてそこにコンボを叩きこむところが似ています。
鉄拳と違ってリングアウトがあるのですが、
鉄拳のような10連コンボ即死の代わりと見ると、同じかもしれません。


バーチャは超至近距離での攻防です
立ちガードするのか、しゃがみガードするのか、ここで隙のないパンチを入れるのか、大ダメージの打撃を叩きこむのか、投げてしまうのか。
SCVも同様に至近距離の攻防は全く同じです


両者の立ち回り方が成立してしまう格ゲーはそうそうないと思います。
そして、キャラクターごとに全く違うリーチがよりSCVの魅力を引き立てていると思います。


正直、このゲームの評価は散々です。
ですが格ゲーの面白さは凝縮していると思います。
でなきゃ、鉄拳やバーチャの有名プレイヤーたちが好んでSCVを
遊ぶなんてありえないでしょう


初心者の敷居がやや高いのも確かで、
覚えるべき基本は本当に多いですが、覚えるとまた楽しくなります。