読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カクヨムで思ったこと「絨毯爆撃」

カクヨム

-新着小説が反映されない短編だらけ

最近書き始めたばかり(私個人はかなり前から書いているので、執筆そのものは初心者ではありません)なのですが、
新規投稿しても、新着項目に載りません。
そんなに早くみんなアップしているのか、なんて筆の早さだと最初は思ってました。
ですが、
カクヨム改善要望のエッセイなどを読んでいると、どうやら違うようで、自分の目で確かめました。

 

ほとんどが超短編(2000字にも見たない、スクロールの必要すらない投稿)だらけ。
100円花火を多く打てば、大花火を待っているより注目されるよね
な状態が蔓延していることです。
一気に超短編をアップする人もいるようです。

 

カクヨムでこの先生きのこるには、絨毯爆撃しかないのか」
きのこる先生も頭抱えますわ。

 

せめて3000字、できれば5000字で「新着小説」扱いにして欲しいですね。
短編が悪いとは思いません。ですから、別カテゴリーで分けてしまうほうが良いと思います。

 

このサイトが立ち上がってから日が浅いので、運営も手探りでしょうし、
どうすれば良いのかもわからないとは思います。

 

ユーザーである作家たちも他人事ではありません。
絨毯爆撃の弊害として、執筆スキルが全く向上しないという状態になります。
推敲する時間を使わない、思いついたことを即アウトプットするだけの作業。
いつかは頭打ちになります。


趣味でやっている人ならまだいいですが、本気でプロ作家を目指す人にとって、
渾身の作品が絨毯爆撃で駆逐されてしまう様に、目も当てられないのが今の状況です。
プロの道が開かれる公募がカクヨムでもありますが、その時だけ本気出して書いて本当に入選したら、
その人は天才です。こんなところで遊んでないで、すぐにデビューして下さい。作品楽しみに待ってます。


ですが、多くの作家志望は私を含め凡人です。凡人はひたすら書きひたすら読み、自身の作品をひたすら推敲するしかありません。
そして、それが正解かどうかを判断するのは読者だけです。
その機会を奪っているのも、絨毯爆撃です。

 

「俺の渾身の傑作が短編小説の中に新着一覧に並んだかと思ったら、今度は超短編共に駆逐された
本当にカクヨムは地獄だぜ。ヒャッハー」

 

書店に並んでいるプロの小説すら、ほとんどは一行も読まれずに不良在庫と化し、出版社に返品され、再生紙になるのです。
カクヨムの作品が電子の海に消えていくだけの日々は悲しいと思います。少なくとも私は思います。

縦書きシステムは欲しいですが、まずその前に、長編・短編とカテゴリー分けをして下さい。
長編は長編同士で切磋琢磨したいでしょう。短編も同じと思います。

評価システムもかなり不備があるようですが、わたしは利用し始めたばかりなので他の方に批評は譲ります。