アイヴィー使いの道〜その38〜6b8K

一見すると使いづらい
しゃがみガードでオシマイ
といいところ全く無いように思えます。
ですが、
発生は12フレーム
とかなり早く、しかも、用途がかなり多い技でもあります。


>確反取れない技に反撃が取れる
食らう側は
「何を言ってるのかわからないと思うが、俺にも何が起こったのか分からない。超スピードとかそんなちゃちなもんじゃね…」
と思うかもしれない技

キャリバーに限っていえば、上中段攻撃に限り確反が取れないキャラがいます。
有名な技は、メアの66B・アスタのタックル等。
ガードしても不利フレームが10未満と少なすぎて、反撃が間に合わないのです。

アイヴィーも例外ではありません。
11フレームに間に合わないものに確反なんて入りません。
しかし、
今回紹介する技には、ちょっとしたトリックがあります。

下段蹴りが当たる

相手は確反なしの技を降っているはずなのに、
アイヴィーから一発もらう。
食らう側からすると、「???」な状態になる。

格ゲーは、立ちガードとしゃがみガードで、防ぐことの出来る攻撃が違うのはご存知かと思います。
そう、
確反なしの技降ったにもかかわらず、下段はお留守になるのです。

全キャラで12フレームで相手に下段反撃当てるキャラはアイヴィーだけ。
ダメージは安いですが、連携を止めるには十分です
当たると+2という微有利しかもらえませんが、
防御のためにバクステするなり、近くなら4B刺すなど、
いろいろできます。


>6b8Kは横移動も対応。しゃがむと…
似非確反を嫌って横移動しようとしても、狩られます。
ガードされて五分(ゼロフレーム)は例外になりますが。
確反のない技の不利フレームは大抵、マイナス8くらい
つまり、
8フレーム+次技発生フレームで対応しなきゃならないわけです。
隙だらけです。
カウンターごっつぉさん

しゃがみガードは一応間に合います。
しゃがんだら、アイヴィーは中段縦切り振りゃいいんです。
6b8Kをガードされた場合、アイヴィーはマイナス12フレームを背負います。
でも、
立ち上がりやしゃがみ状態で、これに勝てる技はほぼありません
一応、
ピュラ・Ω・α・ラファエルのCEは間に合いますが。



一部キャラの特定条件を除き、この技はかなり使えるということです。
ですからクリミよりも6b8を練習しなきゃならないというわけです。


クリミのコツでまだ出づらい人へ。
282 369874123666
のレバー入力で、グルリと回すとき、874を意識してみてください