劇場版「るろうに剣心」感想

http://wwws.warnerbros.co.jp/rurouni-kenshin/index.html

まずは公式サイトを貼っておきます。

 

原作のファンであり、アニメも毎週視聴してました。

ですから、アニメの実写化なんて原作クラッシャーという考えが

この映画を観た後でも根深いです

ただし、

るろうに剣心」は、実写版るろうに剣心というジャンルを確立した作品であると、

強く主張します。

原作やアニメを安易になぞる手法ではなく、「るろ剣」の魂を継承しつつ、

実写でやるなら絶対にこうなるだろうという、

とても難しい課題を見事にクリアした映画になっております。

こういうことに挑戦した映画を数えきれないくらい知ってますし、見たこともあります。ですが、たいてい大失敗です。

「こんなものは、原作を馬鹿にしている」「監督はアニメを踏みにじった」という批判の的になります。

 

るろうに剣心」は違います。

スクリーンの中に確かに剣心が居て、薫が道場を想い、弥彦が生意気に鼻を鳴らし、左之助が豪快に喧嘩をしている。

そこには、原作やアニメの剣心とは別だけど本物の剣心が息づいていました。

漫画を読んでアニメを観た時、誰もが違和感を感じます。

そしてどれだけ再現されているのか査定し、少しつづアニメを受け入れていきます。

実写版もそんな過程を経て、しかも最速で受け入れることが出来ました。

 

アクションに非常に力を入れているという謳い文句がありますが、

見ていて、大怪我した人が良くいなかったなと思います。

VFX処理でどうこうしているとかそんなごまかしではなく、剣と剣がそれこそ鼻先を擦るかどうかの間合いで

最速で振り合っているんです。

パンフにもありましたが、「誰も怪我をしない殺陣を目指す」とは全く間逆です。

最後の戦いはまさに達人同士の死合に見えました。

 

剣だけではなく剣心(佐藤健)の柔術も切れ味が鋭く、受ける側も真剣だったと思います。

ていうか、見ていて本当に痛そうでした。

 

動きが速く、目で追いきれるものではありません。

カメラの早回しでああなることはないです。

 

ソウルキャリバーVというチャンバラ3D格ゲーで遊んでいますが、血がたぎるというか、

本当に興奮できました。

 

観て損はありません。ブルーレイ待ちもよろしいですが、劇場の大スクリーンで

迫力の立ち回りを御覧ください