量産ヴォルド対策を少し

界隈ではヴォルドが猛威を振るっているそうで、皆さん困っているらしい。

簡単ではありますが、使いはじめのヴォルドがよくやる攻撃の対処方法なんぞを

紹介。

今回のキャラ対はアイヴィーに特化させてません。

 

正面姿勢

2A+B

 異常にリーチ長いヴォルドの下段技。両手を振り上げたら間違い無くこれが飛んでくるので

ジャンプ攻撃か下段ガードを。

fc3A+B

 カミナリ纏いながら飛んでくる、開幕で速攻飛ばしてくる量産型も多い。

 上段判定なのでしゃがんでしまいましょう。

リグル投げ

 ヴォルドがジャンプしたらほぼ間違いなく投げです。

 出の早い縦切りやしゃがみで拒否ってください。

 ただし、上方向に強い技でないと投げに吸われるので注意

ゲージがないヴォルドに、速くリーチのある中段攻撃はないので、開幕はぼっしゃがでいいかもしれません。

もちろん遅くて開幕距離からとどく中段*1はありますので、いつでも立ちガードできるようにしておきましょう

リグルBB

 量産ヴォルドがおそらく笑いながら出してくる、通称リグルBハメ。

 実はハメでもなんでもなく、2回目(土下座の姿勢)ガード後に横ステで回避できます。

 ヒットしてしまったとしても、冷静に立ちガードし続けてください。必ず抜けられます。

肘ブレイブ

 ヴォルドの主力にして、CEの代わり。

 ダウンすら当たる高性能。ただし、一段目をガードすると横に避けれます。

 最後の頼みの綱みたいな技でもあります。

 

背面姿勢

 最も厄介なのがこれ。

 たとえ、ふ~どやときどであろうと、見極めることは不可能な中下段2択があります。

 背向けになったら、確反を入れて正面を向かせるか、距離を取ってください。

 一番安全なのが中距離で横に逃げること。

 ヴォルドは縦への択は非常に強いですが、横が薄くて使い手の泣き所になってます。

 また、常に自分の姿勢を確認しなくてはならないため、

 こちら側の隙の大きな攻撃(25~30フレ)が刺さったりします。量産型特有の死角です。

 

 

だいたいこれらを踏まえれば、量産型はなんとかなるかと思われます。

横に弱いため、それをカバーするために横ステをしてくるヴォルドも多いので、横切りも混ぜて行きましょう。