読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

参議院選挙と児ポ法改悪

もうすぐ投票日。

期日前投票を済ませた人もいるかと思います。

いわゆる児ポ法改悪といわれるものは、

非実在児童(児童とは日本の法律で18歳未満)に見えるものを、検閲者の一方的価値観で

審査排除する

大雑把に言えばこういう法律が盛り込まれたものです。

現実と空想の区別すら付けずに、二次元絵すら規制に入れようとしています。

もっと簡単にいえば

法律でモラルを規制しようとしているのです。

(以下は、少し長くなります。もう分かっていると言う方は、☆まで読み飛ばしてください)

 

「エロ本やちょっとしたサービスシーンが入ったアニメやマンガを見るだけで人は欲情し、実在する児童(18歳未満)を強姦する」

と言う懸念ですが、

それが本当なら、日本はとっくの昔に韓国を超えた強姦大国になってます。

エロ本の歴史は春画と呼ばれる江戸時代で流行ったものや、コケシや祭のご神体など、かなり古くから遡れます。

日本人の性犯罪率は非常に低いです(在日外国人(特に韓国)の性犯罪率はずば抜けてますが)。

何度も言いますが、空想と現実の区別がついていないのは規制推進派です。

むしろ、空想と現実にしっかりとした境界線を敷いて論戦しているのは反対派の方です。

 

世界から日本は児童性犯罪大国みたいなことを言われているようですが

(日本ユニセフという、世界ユニセフとは全く別の日本法人が特にわめています)、

警視庁データベースを見てもらえれば、性犯罪率の低さは一目瞭然です。

さらに下げたいなら、性犯罪率のトップに君臨し続けている在日韓国人・在留韓国人を日本から追い出せばいいだけです。

日本ユニセフ児ポ法改悪に躍起になっているのは、今年中に何らかの成果を上げないと、解体されられてしまうからです。

[参考リンク http://anond.hatelabo.jp/20090716142012 ]

この団体は世界ユニセフとは何らつながりがない偽物なので、このまま消えてもらって結構ですけど。

 

モラルを法律で縛るのは、心を国家が監視することに等しいです。

 

では、実際に被害に遇っている児童たちには泣き寝入りしろと?

いいえ。

こんな成果が上がらない法案を作るより、もっと児童を保護出来るように法整備を進めればいいだけです。

モラルを縛って、現実の児童が平和に暮らせる世の中になるなら、他の犯罪だってとっくの昔に消えてなくなってます。

このような心の自由を国家権力で縛ってきた例は世界中にあります。それで、犯罪が根絶できたか?

そんな事例ありません。

アメリカは性表現に対して非常に厳しい国です。でも韓国の半分の件数の強姦が行われています。

 

☆☆☆

 

他にもオカシイことはあります。

強姦罪の刑罰が軽すぎるのです。

刑法177条、178条2項で、有期懲役三年以上

こういう性犯罪者は他の行動は模範的だったりしますから、三年で出てきちゃいます。

最低でも15年はぶち込んで欲しいというのが、私個人の意見です。

刑法の厳罰化がまっさきに行われるべきなのではないでしょうか?

それだけで実行される強姦罪や児童虐待は減りますし、再犯率も低くなります。

なのにモラルを縛るとは、規制派のみなさんは斜め上の思考をしているとしか思えません。

 

参議員候補者にも、児ポ法改悪推進派と反対派がいます。

自民党だから全員推進派であり、民主やみんなの党だから反対派であると

安易に決めつけてはダメです。

もしかして、児ポ法改悪反対を釣り餌にしているだけかもしれません

よく見極めて投票しましょう。