マガジン☆Walkerの月額払いは得なのか?

magazinewalker.jp

月額540円で読みきれないほどの雑誌が読める

雑誌のみであり、単行本は扱われていません。

ですが、

KADOKAWAということありコミック雑誌に非常に強くメジャーから書店で見かけることすら難しいマイナー雑誌まで揃っています。

 

メジャーどころで扱われていない雑誌は、集英社系・講談社系・秋田系(ジャンプ、マガジン、サンデー、チャンピオン。各月刊誌や「ヤング」の名を冠するものを含む)と、成人向けコミック誌ですね。

 

毎月更新されますし、雑誌によっては紙媒体よりも安い値段で読めますので非常にお得です。

なお、三ヶ月プランとか年間プランもあります。

クレジットカード(ウォレットカードは対象外)での申込みなら簡単です。

コンビニ払いなどに対応してます。詳しくは公式を御覧ください。

 

実写系の雑誌も

ゴシップ週刊誌、競馬雑誌、ファッション誌、声優誌、ゲーム情報雑誌も対応してます。

このほとんどの雑誌が、月額料金より高いです。

 

ムフフな箇所を修正をしている雑誌も

「電撃萌え王」が良い例で、イラストの乳首など完全に消し去られています。

袋とじまで全て見せているのは「週刊大衆」だけで、他はグラビアすら載せていないとか、モデルの乳首どころかおしりの筋まで隠しているところも……。

ただし、コミック誌は私が確認した限り紙媒体と同等です。

えっちな雑誌だけではなくて、芸能関係の写真も一部隠されてしまっています。

一ヶ月の無料体験で確認してもらうのが一番手っ取り早いかとおもいます。

 

紙媒体じゃなきゃ無理なことも……

典型例がファミ通のシリアルコード。マガジンWalkerでは受け取れません。

読者参加型企画(G'sマガジンなど)も、付属のはがきが必要な場合、参加できません。

(参加コードを消してしまっているものもある)

とじ込み付録も大抵は非対応なのですが、G'sマガジンの場合、電子版として見開きポスターを載せてくれています。

 

Kindle読み放題より遥かに安い。雑誌を読むだけならオススメ

月々、たった一冊読むだけで元取れます。

小さな書店では並んでいないようなレアなコミック誌を毎月読めます。

ファッション誌まで読めます。

単行本は対応してませんが、このサイトの大元であるコミックウォーカーで無料で読めたりしますし、そこはとんとんでしょう。

サービス当初は少なかったラインナップも、今では一月では読みきれないくらい揃ってきました。

ちなみに、セーフモードあるので、エッチな雑誌苦手な人も安心です。