こんばんわ。
シルバーウィーク真っ盛りですね。
来年以降はもうやってこない。
夜更かしのしすぎは要注意ですよ。
今回は
Xbox360だけにあるゲーマースコア「実績」について話します。
そもそも
このGの数字は何を指しているのでしょう

これは、
ゲームをプレイしたとき、一定の条件を満たすをもらえるポイントです。


通常、360のゲームソフトには1000ポイントの実績があります。
その中に解除するべき項目と、割り振られたポイントがあります。
例えば

項目 解除条件 実績
スレイヤー 敵を10体倒す 10

となっていれば、
条件をゲーム中に達成すると10ポイント実績がもらえます。
これがゲーマースコアとして反映されます。


実はこのスコア
全ての360ゲームの累積ポイントとなっております。
普通はソフトごとに蓄積されるものですが、
実績だけはゲーマータグごとに共有です。


貯めたところで、別に何も特典はありません。
完全に自己満足の世界です。
実績が多いから凄いゲーマーとかそういうことでもありません。
このシステムの重要なところは
達成感です。


普通のゲームはそれこそ、身内だけにプレイを見てもらって終わりです。
対戦ゲームもシューティングも、成績を残すことが出来ますが、
そのゲームだけの成績です。
たしかにそれも達成感はありますが、ゲームが変われば結果は消えます。


一方実績は、ゲームが変わろうが残り続けます。
例えば
ギャルゲーで稼いだ実績をRPGのゲームでまた蓄積できます。
リセットはされません
(マイクロソフトは、実績の消去や意図的な操作を認めていません
XboxLiveサーバーにて一括で管理しています)
これが、
次第に癖になり、達成感に変わってくるのです。


どのゲームで解除したのかが恥ずかしくて見せられない場合は
隠すことも可能です。
ただし、総実績数は常に晒されています。


僕も最初は気にしていませんでしたが、
次第に達成感を味わうようになりました。
こうなったら、
実績システムがないほかのゲームはやる気が起きなくなります。
また、
中古に売りにくくなります。


開発側(ゲーム会社)にもメリットがあります。
「どう楽しんで欲しいか」
これを伝えるのは中々大変ですが、実績項目にしてしまえば
プレイヤーは積極的にそれを狙ってくれます。
しかも、
プレイヤーがどれだけやりこんでくれたか、常に情報収集できるので
非常に便利です。


ここまで解説しても、ピンと来ない人はピンと来ないでしょう。
「この人は、こんなプレイをしたんだ。へぇ〜」
くらいに思ってもらえたら、それで十分です。