読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

教育勅語に出てくる「臣民」とはなにか?

先に、私が一番納得した解釈を書きます。

臣民とは、国民のためにすべてを捨てて祈る天皇陛下のことである

天皇の最も大事な仕事は国民のために常に祈られることです。宮中祭祀は年中あります。お正月から大晦日まで、毎月あります。

臣民となられる時、陛下は権威も何もかも捨てて国民が幸せになるように祈られます。

また、陛下お一人を指す言葉でもありません。八百万の神々に祈る国民は皆臣民です。

ですので、国民も自然と臣民の一人となります。同じく祈りをさざけるその時は、そこに地位はありません。

ソースはこちら(54分から解説が始まります)。

www.dhctheater.com

 

一方、元皇族の竹田恒泰さんの解説は、抽象的すぎますが概ね、青山繁晴さんと同じと思います

 

 

私は最近、天皇について調べる機会があったのでその御心や祭祀を文章などで目に触れました。

大げさな表現をすれば、天皇天照大神の化身です。

現実的な言い方をすれば、天皇こそ日本そのものです。

 

これで、

臣民を否定するということは、日本人であることそのものを否定することに等しくなってしまうことがお分かりいただけたのではないかと思います。

 

映画サバイバルファミリー 感想

評価として、私は最低点を付けます。

こんな映画を作るために自動車やら止めたのか……。

 

主人公足り得ない家族

物語の主軸である主人公キャラクターがいません。

ドキュメントっぽい色を狙ったのでしょうが、それでは展開がご都合過ぎます。

つまり、半端なんです。

また自分たちの力だけで生き延びていません。他力本願で主人公はありえません。

 

ヒゲが何故か伸びない男たち

明日をもしれない生活の中で、髭を剃る余裕なんてありません。

それに、漂流や遭難でヒゲが生える描写はサバイバルモノの王道です。

 

電池で動くものすら止まるほどの強力なEMPなら、生物だって生きていない

自家発電すら不可能なほどの強力な磁場が地球規模に起こったのなら、

地上の生物も死んでいるはずです。人間の身体は微量の電気を発電して活動しています。脳神経・心臓……。

 

太陽活動が原因なら、地球の裏側の人間は何をやっていた?

日本の裏側はアメリカとか南アメリカとかです。

そんな国々が異常に気づかないわけがありません。

 

田舎を馬鹿にする描写

キャベツは、外側の虫に喰われた部分は捨てます。田舎だからって捨てないわけがないです。

それらは畑の肥やしになります。

 

生き残ったものが少なくなったから主人公たちだけになったなら……

最後、どうして人口がもとに戻っているんでしょうね。

 

「ディテールに神が宿る」という鉄則を打ち破った結果が駄作になった

このようにリアリティの欠片もありません。

主人公家族がマヌケだったなら、それはそれでリアリティで周りを固めるべきです。

生物だけが都合よく活動しているというトンデモ設定にしたなら、それらに対応する環境の変化や人間模様をしっかり作り上げるべきです。

全部ご都合の妄想だけで書かれたような話に、終始退屈しました。早く忘れたい。

 

私が脚本をもしも任されていたなら……

主人公家族を最後は野垂れ死ぬように描き、観客が納得するような転落人生を書いてホラー仕立てにしたと思います。

それが駄目ならこんなネタを考えた監督やプロデューサーとケンカ別れでしょうね。

 

 

評価の賛否は別れているようです。

感想は人それぞれですが、こんなものを見るくらいなら、名作小説の「十五少年漂流記」でも読んだほうがマシではないでしょうか