マンション理事になりました

持ち家マンションなので、持ち回りで理事を頼まれ承諾しました。

関連する本も買いました。

 

理事として知り得たことは守秘義務なので一切書けませんが、

「マンションの理事って何?」と言われると、「管理人さんたちのことでしょ?」「響子さん好きじゃー」と言われると思いますが、それは勘違いです。

 

マンションの理事とはマンションを買った人たちから選ばれる

まず、マンションを買った人たちは強制的に管理組合に所属します。これは売却してしまう以外で抜けることは出来ません。

ですから管理組合とは、マンションを買った人たちから構成される組織なのです。

実はちゃんとした法律があってこれらの組織を作りなさいと定められてします。

区分所有法

と呼ばれる法律です。区分所有とはマンションの部屋のことです。つまり購入した人は法律用語で「区分所有者」と呼ばれます。

理事会は、管理組合員(しつこいようですが、マンション所有者のこと)から選任された人たちのことです。

マンションの購入をお考えの人がお近くにいらっしゃったなら、管理組合に強制加入することになりいつかは理事になることを、覚悟しなければならないことを伝えてください。

 

なんでそんな面倒な理事を法律で定めているのか

マンション資産を区分所有者みんなで守り、維持するためです。

共有部分とプライベート部分があって成り立つマンション、その資産価値はやはり年々衰えます。

その衰えをできるだけ防ぎ、みんなで支え合おうというのが管理組合です。

法律はそんなときの様々なトラブルに対処できるような基準が定められています。

そして、更に細かい、マンションごとのルールとして「管理規約」と呼ばれる物があります。

これは理事を運営し、組合員と共に資産であるマンションを守るために皆で決めた約束事みたいなものです。

そこには、管理会社(マンションを外注で管理運営してくれる法人。つまり管理人)も関わります。

管理組合と管理会社がタッグになってマンション資産を維持していこう、というのが法律の目的になります。

 

マンションのローン支払い終わったのに、お金要求される。それが管理費

長い年月をかけてローンを支払い終わったのに、まだ払い続けなければならない管理費。

理由は先に述べたとおり、皆で資産を守るためです。

マンションによっては光熱費も共有のものとして支払うことになっているところもあります。

滞納者が出てしまうと、資産維持管理に支障をきたすのは想像に難くないでしょう。

いざという時のために積み立てたお金で修繕工事などを行います。

定期的なメンテナンスや大規模修繕もここから支出されます。

修繕積立金はマンション購入の際に必ず参考にするようにと言われるほど重要なものです。

 

以上です。

理事会は持ち回りになり、数年間担当することになります。

購入したからには、理事会を理解してできるだけ総会(管理組合の集まり。年一回以上)参加するようにしてください。

なお賃貸マンションの人にはその義務がありませんので、管理組合に所属しません。

しばしば賃貸者と所有者のトラブルもあるようですが、それは管理規約に則って解決されます。