長々と徒然なるままに、カクヨムコンテスト作品

現在、ホラーの中でも救いが全くないダークホラーを執筆連載しています。

これはカクヨムwebコンテストに応募しています。

 

私個人は絶望系は見るの嫌なんです。

もう幸せな、皆がハッピーになれる物語が好きです。

なので、ヒーロー物を書こうと思いましたが、

 

読者に受けない

 

これはどうしようもない。

選考基準が読者票にある以上、とてもではないがこの作品では戦えないと決断し、

途中から書き出したホラーに絞りました。

 

これがどういうわけが読者に受けている。

 

このブログを書いている段階では週間ランキング30位という、個人的には過去最高になりました。

読者の皆さま、ありがとうございます。

ネタなら湯水の如くあります。

荒木飛呂彦先生の言葉を借りるなら「鉱脈を掘り当てた」気分です。ただ面白くなるかどうかは精査しなければなりません。

 

テーマはかっちり決めてますし、これは外せません。

いつか明かすのは十万字書き終えた後にしようと思ってます。

ていうか、皆さんなら《巻き戻して》って魅苦に頼んじゃいますか?

私なら……

頼んじゃいますね。そんで絶望するんでしょうね……。人間って弱いっすね。

kakuyomu.jp

 

大まかな作品の構造を解説します。もちろん、読むだけで分かるようにしてあります。

読者はみんな《貴族》という傍観者として《夢目》の世界に訪れています。

そこに訪れる登場人物たちが堕ちる様を見るわけです。

最初は、

読者と登場人物をリンクさせようと思って、「はじめまして」を書いたんですが、

途中でこの設定に変えた所、これはいい感じという手応えがありました。

「人の不幸は蜜の味」という諺があります。それをそのまま反映したわけです。

他人事であれば、どんな不幸も楽しめるってことです。

 

魅苦が何者なのか、途中で現れる鏡華とは?

それも作品の魅力です。

多種多様な視点で、彼女たちを見ることでキャラクターが浮き彫りになるように仕掛けてます。

「やっぱりな」「知ってた」と思う読者も多いでしょう。気づかれなかった方は最初から読んでいただくと、魅苦の姿が浮かび上がってくると思いますよ。

 

ダークホラーはマイナーであれど、やり尽くされているジャンルです。

それでも挑みます。

なんとか飽きさせないように書いていきますので、よろしくお願いします。