パチンコ依存症はパチンコ台が生み出している

最近、ギャンブル依存症の話がホットワードになってます。

まず依存症になる過程を説明します。専門的な知識は持ち合わせておりませんので、

きちんとした論文が読みたい方は再検索をお願いします。

 

ギャンブル依存症の発症まで

1.

ギャンブルをする

2.

負ける。←これが絶対に必要

3.

負ける

4.

負ける

5.

とかにくひたすら負ける

6.

勝つ

7.

もっと勝とうとギャンブルする

8.

負ける

以下、1にループ

 

 

となります。

依存症にさせるためには負け続けさせることが絶対に必要です。

勝ち続けたら、そのうち飽きるどころか辛くなってきます。

すると長くギャンブルをしてくれません。

パチンコ・パチスロ(以下、パチ)には「如何にして上手く客に長く負け続けさせるか」という工夫が随所に施されています。

 

負け続けさせても客が打ち続けるようにさせる、パチの巧妙な罠

・リーチ演出からのハズレ(判定は既にハズレていますが、当たるかもと思わせる演出)をこれでもかと多彩なパターンで繰り返す。

・ド派手なアタリ演出(出玉は大したことがなくても、大当たりを祝福するような演出)一瞬で終わりますが、それをまた味わいたいために負け続けます。

 

 

大半が、ガセリーチ演出に脳内が麻痺していき「当たるかも当たるかも」と思わせて負けます。それがずっーとひたすら、短いサイクルで長時間に繰り返され、

ようやくアタリます。

すると脳内麻薬がぱーっと拡散され、非常に気持ちよくなります。今までのリーチの裏切りなんて忘れ去るくらいの快感が得られます。

そして、また負け続けます。ガセリーチに期待を込めてひたすら金を溶かします。

 

これらを繰り返していくとどうなるか。

丸一日勝てなくても座り続けるようになります。一万円の勝ちのために十万円、二十万円とスるようになります。

とうとう、一ヶ月勝てなくても一分間の勝ちで大喜びするようになります。

ここまで来ると後戻りできません。

 

打ってる本人は、負け続けさせられているカラクリなんて気づいていません。

たとえ気付かされても、身体が勝手にパチ屋に向かうようになります。

 

 

公営ギャンブルは、オッズ通りに買えば、比較的楽に勝てますので、依存症にはなりにくいでしょう。

ただし、大穴ばかり狙う人は依存症にかかりやすくなります。

 

依存症から抜け出す方法は、別の方法で負け続ける快楽を求めるのもあります。

高難易度ゲームをやる、強い人と意味のない格ゲー勝負で負け続け、たまに勝たせてもらうなど。

長く勉強をやって、いい点数を取る。

売れていない地下アイドルを応援し、メジャーレビューを後押しする。などなど

 

負け続ける快楽は人間に備わった本能のようなものです。これ自体なくすことは不可能です。

ただ、正常値に戻す努力なら出来るはずです。

でもパチンコ依存症をパチンコで治すことは出来ません。治す気持ちがあるなら、辞めたい気持ちを持つことです。そしてパチ屋に行ってしまったら、後悔することです。

そうやって少しづつ治していきましょう。