EverNoteで小説を書くのはちょっと向かない

どうしてかというと、ノート(タグ小分けからの比較)が出来ません。

ウィンドウを同時に開けない、タグを開き、またタグに戻るとリセットされる。

と、本番の執筆作業には向かないことが多々あります。

カクヨムというwebサイトで、別ウィンドで開く(マウス中央クリック)で作業したほうがよっぽどやりやすいです。

あと、執筆作業に最適化しようとすると、結構準備に時間を取られます。

 

ただし、メモとして割り切れるなら非常に使いやすいツールです。

私も結局、メモ以上の使い方はやらなくなっています。

 

ですが、

アプリを使うとやや快適になります。

musakuna.comここで検索して見つけたのでぜひやってみてください。

それともう一つ、フリーウェアのiライターズを使うと縦書き文章を、

横書き一旦戻して、また縦書きプレビューで反映できます。

 

"やや"といったのは、所詮スマフォなので、タイピング派の人には非常に使いづらいということです。

もともとスマフォ入力をしている人ならいいのですが、

タイピング派の人は、キーボード入力が出来ないと思考が阻害されてしまいます。

もちろん、iPhone用キーボードありますが、かなりお高い買い物になります。

あと、PCの側にスマフォを置いて、縦書きのプレビューを確認する、なんてことも出来なくもありません。

ただし、出力(プリントアウト)は縦書きじゃありません。

これも向かないところの1つです

 

そこまで回り道するくらいなら、PC用フリーウェアや秀丸などのシェアウェアを買ったほうがいいと思われます。

(それこそ、カクヨムで別ウィンド開きながら書いたほうがまだいいです。「小説を書こう」webなら縦書きも出来ます。というか、現状「小説を書こう」のほうが執筆には優れているでしょう。カクヨムもいつか縦書き対応になるとは思いますが)

あくまで補助です。

EverNoteだけで執筆を全て行うのはお勧めできません。

止めはしませんが、やっていくとにストレス貯まります