読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TCG Skype対戦環境の参考/セッティング

どうも。

今回はスカイプ対戦環境について、わたしの環境を晒して紹介しようと思います。

まず、必要な道具のご紹介

-Skype登録&アプリ

-カメラ

-カメラの高低差を調節するためのスタンド

-照明

 

では、一つづつ見ていきます。

Skype登録とアプリ

Skypeは無料でインターネット通話ができるサービスです。

この導入にお金は一円もかかりません。

また、登録時のメールアドレスはフリーメールでもいいので、Googleメールとかヤフーメールとかで取得しておきましょう。

SkypeIDの名前はユニークネーム(重複不可能の名前)ではなく、好きな名前を英数字で設定できます。

これが困ったことに、たまに沢山のIDと被り、相手側に迷惑をかけることになるため、アイコンを個性的なものにする、ID以外の日本語で名前を付けられるところでハンドルネームを付けるなどの工夫が必要です。

注意点が一つ

プロフィールの設定に個人情報は絶対に載せないで下さい。

たとえ非公開にしていても、安心は出来ません(Skypeが駄々漏れということではありません)。

用心に越したことはありません。適当に地域名とかを「二次元の向こう側」とかにしておけばいいです。

 

カメラ

私が使っているカメラは、画質720pのものです

 

LOGICOOL ウェブカム HD画質 120万画素 C270

LOGICOOL ウェブカム HD画質 120万画素 C270

 

 お買い得な上に耐久性もなかなかで、何度か落としてしまいましたが壊れません。

マイクと一体成型型なのですが、感度もよいです。

で、このように見えます

f:id:BraveRUKIA:20160212164129j:plain

Skypeでは、相手にはカメラが反転して映るのがデフォルトになっています。

大体のエリアは見えているのでこのくらいで設定してます。

そして、そのカメラの高さは

f:id:BraveRUKIA:20160212165647p:plain

ちょうどドレノプレイマット対角線の長さ(51cm)ですので、それよりやや高めに取ればいいとおもいます。

そのスタンドは、わたしの場合、

 

 をCの字に捻じ曲げて調節して、液晶ディスプレイに噛ませてます。

 

照明

明るすぎると、カードが光を反射して見えなくなってしまいます。

電気スタンドなどで照明を設けなければならない場合、白い紙や布を反射させて見て下さい。

明かりが柔らかくなります(スーパーのチラシの裏とか、何かの服とか)

明度の目安は、カメラを介さず肉眼で見てやや暗めかな?と思う程度です。

 

 

以上となります。

ドレッドノートTCG公式サイトでもサポートされてますが、やや突っ込んだ解説をしてみました。

dreadnought-tcg.com