まったく、どこ見て戦っているのかしら-12-

今回は試合について。

普段の野良対戦は試合とは呼べません。つまり、イベントや大会などで結果が残る対戦のことを指します。

負ければ悔しいのは当たり前。それを表に出すか出さないかの違い。

少なくとも自分を完膚なきまでに叩きのめした相手に対して、社交辞令であろうが「ありがとうございました」と握手するのはどうしても理解し難い行動。

でもそうしなければ最低プレイヤーというレッテルを貼られます。

負けて心から勝者に賛辞を送れる人は、最初から本気で戦ってないでしょう。

逆に送ることが出来るシチュエーションは、練習試合(野良対戦、DOAならロビマ)くらいです。

 

おそらく大方の意見と違うでしょう

「負けて楽しむ才能なんて無い」というブログを書き続けてきましたが、

ことさら試合について当てはまることです。

書いてた頃は野良対戦も見境なしに煮えてましたが、考え方がだいぶ変わりましたよ。

くやしがるのは試合をしてこそであり、喜びも試合をしてこそです。

 

私は、敗者が悪態をつくのは何も悪いことではないと思います。

死体蹴りしてきたり、チャットで罵ってきたり、何らかのアピールをして気持ちを表したりしたいのは当然です。

むしろ、そうやっている様をニヤニヤしながら眺めるのが勝者の嗜みではないでしょうか。

気分を害する勝者がいますが、なんか違うんじゃないですかと。

いわゆる、温度差が出てしまうことが多いです。

 

本当の最低プレイヤーは勝っているくせに、罵り死体蹴りアピールを繰り返す「敗者が行うのと同じような行為」をする人のこと。

理解に苦しみますが、そういう人は本当にいます。

 

10先をしていると書きましたが、お察しの通り惨敗続きです。

 

勝ちにこだわらない対戦したければ、その主旨のイベントなり野良対戦だけやってりゃいいです