読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

負けて楽しむ才能なんてないvol16 レイチェル雑感

ずいぶん、使えるようになりました。

初心者からそろそろ卒業したい人向けに書きます。

 

フレームとか投げ確とか、気にしなければならないのは他のキャラと変わりません。

そうでないと切り替えして自分のターンにすることが出来ません。

でも、いざ自分が攻める時になったら打撃フレーム合戦やカウンターリスクを捨て去ってでもダメージレースで勝つという強気の姿勢が必要になります。

 

不利フリームを背負っているときは、割り込みと投げ確を意識し

有利フレームを持ったら、どんなに遅い打撃であろうと当てりゃー勝てるという

重量級の気迫で攻めます。

ガードされようが知ったことではないと(実際レイチェルの連携はほとんど微不利です)

 

起き攻めをしないレイチェルがいますが、相手がダウンしているときは

たとえマリポーサだろうとバイマンだろうと、攻めなきゃダメです。

もっともダメージが取れる状況が、起き攻めからの展開にあるからです。

ここでヒヨったら何処でダメージ取るんだってくらい重要です。

 

1PPは対策されやすい技です。

相手が対策しているなら、1Pからの裏択を仕掛けるようにしてください。

ノーマルヒットで-5不利なので、遅い攻撃の暴れはリスクが高すぎます。

 

具体的な技とか全く書いてませんが、自分自身がこう考えるようになってから

少しだけ結果現れたので、もしもレイチェル使うのに悩んでいるならば参考にしていただけるといいかと。