負けて楽しむ才能なんてないvol10

久々の更新。

あの頃からまず考えたのは

言い訳が出来るかどうか。

訳が分からず負けたのではなく、ここをこうすればよかったこうしたら良かったと

言えるか?

最初は全く見えませんでした。

最近ようやくそういう箇所が見つかり始めています。

相変わらず、それが全く見つからない相手に対しては怒りがこみ上げますが。

 

「武士道とは死ぬことと見つけたり」で有名な【葉隠の書】を分かりやすく解説した漫画を読んでみると、

"自分が成長するには、自分の弱点を常に探り、慢心する心を見張り、己を監視すること。

周りに対して批評するまえに、己を磨けば、何事にも動じない強い心が築かれる。

遠くにいる聖人や偉人(格ゲーで言うならウメハラとか)を追い続けると、あたかも自分がそこに居るかのような錯覚を抱いてしまう。そうではなく近くに良い人を見つけ師事を乞いなさい。

そんな師が近くにどうしてもいないなら、周りの人の良いとろこをみつけ、寄せ集めれば理想の姿が形作られるから、そこに向かって愚直に努力しなさい。"

軽く噛み砕いて抜粋しましたが、これだけでも耳が痛いことばかり書かれています。

 

まずは、自分の弱点をごまかさずに見つめることから始めようかと思います。

なかなか見えませんし、わかった気になったりもします。

大変なことですが少しづつでも実践できればなと