負けて楽しむ才能なんてないvol9

1.04パッチが当たりました。

こころは主に上方修正

レイチェルは下方修正が目立ちます。

 

こころ

一番大きい修正は、今まで死に技とされていた閉肘P

今まではCr5~1しかなくて、何もつながらない。

実質、閉P+Kor閉2Pの2択でした。それも、66P+Kの場合、サイドステップで拒否られてました。

今回、カウンターヒット以上で

閉PはCr35~25

閉2PはCr21~14

となります。

しかも閉Pはある程度ディレイ効くのでSSに対して慌てずゆっくり打てば追尾出来ます。

投げ閉肘やP+K閉肘中の択が3択になったことになります。

下段ホールド安定だと思わせたら締めたもので、7K即浮かせや閉P+K吹き飛ばしなど

いろいろ択れます。

閉肘が全体的に強化された形になりました。

連携しめの2Pや1Pの硬直が伸びましたが、普段からほとんど使っていない技なので、

あまり影響ありません。

こころスペシャルのダメージが下がったのは、あまり影響ないかなー。

この投げダメージ、別に以前のままで良かった気もします。

33Pが相変わらず死に技なので、これを無印の頃に戻してもらえば、もう言うことはないです。

レイチェル

主力であった7PとPP2Kが弱体化。

また、66Tのノーマル有利が弱体化。

2P+Kの択が弱体化(ロールスルー中PかKなのか分かりやすくなった)

相変わらず、ロールスルーそのものの避け性能は弱い。

ここまで弱くなると、キツイです。純粋に2択を迫っていくしかないのですが、

打撃が遅いので、有利がなかなか取れない。

 

 

ざっと私の今の実力なりに分析しました。

こころは立ち回りを変える必要があります。閉Pを使いこなすためにも

より積極的に閉肘を狙いに行くことになります。

普段から使っている人にはそんなに影響ないかもしれません。

レイチェルを辞めるつもりはありませんが、PP2Kからの強気の攻めがやりづらくなったのは痛いかなー。