負けて楽しむ才能なんてないvol6

DOAあるある。

フレームの早いキャラに手数で攻められて、どうしようもないからガードで固まったら投げられた。

投げ派生は5~12F。みて反応なんて人間に不可能。どうすりゃいいんだ?

先に手を出したほうが勝つのか? ふざけんな(# ゚Д゚)

 

対処方法はあります。

屈伸ガード暴れ

まず、ガードで固まるとき、屈伸ガードします。やりかたは33>Hです。

これで有利フレームが増えるわけではありませんから、ひたすら耐えます。

投げが空振ると、全体硬直は30F。

これに反応してスカ確を差し込むなんて芸当、投げモーションを20F以内に認識して反応するってことですが、

どんなに反応速度の早いプレイヤーでも25Fがせいぜいと言われています。

最速打撃は9F。間に合いません。

話が少しそれましたが、屈伸ガードはなにも投げスカに打撃で暴れるためにやるものではありません。

投げがスカるということは、30F相手が不利になるということです。

つまり、

こちらはその分、早く動ける。ようやく手番が回ってきたことになります。

(何度もいいますが、全体硬直が30Fというだけで、実際のフレーム上はほとんど互角だと思ってもらったほうがいいです)

ステータス技が最も有効なのは言うまでもありません。

最速の上段攻撃を読むなら、上段を潜るしゃがみ技(下段攻撃)

中段反撃を読むなら、こちらは最速上段で相手を潰します。

屈伸は下段打撃に無力という弱点をついて来るなら、下段ホールドか屈伸を中断しつつしゃがみガード、もちろん中段打撃も有効。

12F投げやOHの可能性もあるので、その場合もしゃがみです

投げ反撃はハイカンリスクが付いてしまうので博打ですが、布石を打っておいて、相手がガードするしかない状況に追い込んでいるならありです。

(投げスカりでガードする相手ならほぼ問題なく投げが通ります)

投げるなら、ホールドを仕込んでおきましょう。この場合、撃ち負ける可能性が高い上段ホールドになります。

中段技は投げ拒否にどうやら使えそうにない(実践で何度もやってますが、なぜか投げに負けます。おそらく技が出る前に投げられていると思われます)

暴れと

冒頭で書いてますが、打撃で固められている以上、不利なのはこちらです

打撃をガードしているから有利ではありません。いつ投げられてもおかしくない不利な状況なのです。

でなければ、ガードしているのに投げられてしまう説明がちょっと付きません

(あくまで私個人の意見なので、間違っているかも)

 

これで手数で押し切ってくる相手への対策は一つ出来たことになります。