ヘタレプレイヤーの俺が3D格ゲー初心者講座を書いてみた5「攻めのターンとコンボの組み立て」

ようやく攻撃の説明かお…。ちょっと家に帰って夜々のメンテナンスをしたいお(やる夫)

前の話で、中段は速い、下段は見えなきゃならない、投げは全方位上段ガーフだといいました。

これらを出すにはまずは、有利フレームをもらうのが前提です。

でも、相手もそう簡単に攻撃をガードさせてくれません。

そこで、

牽制のやりあいが発生します。

牽制の目的は、2D格ゲーの雄、スパIVと似ています。

・早い技を出して、相手の攻撃を誘い、ガードして反撃する

・相手の技を見て軸移動して、攻撃を空振りさせて有利に立つ

・牽制しないことを読んで急接近し、2択を迫る(下段or中段、投げor中段)

そして、技がぶつかり合うとコンボが発生するのですが、

3D格ゲーは通常技をキャンセルして必殺技を出すことが出来ません。

そもそも必殺技ゲージなるものがありません(ソウルキャリバーV除く)。

通常技を組み立てて、相手を空中に浮かせ、空中コンボを叩き込む。

これが3D格ゲーの基本になります。

とにかく浮かせるのが第一の目的です。

なぜなら

3D格ゲーは空中では完全無防備で空中ガードが出来ないからです

そういえば、あの時ゲーセンで浮かせらたときいくらガードボタン押してもダメだったお(やる夫)

だから、浮かせ技は非常に強力なコンボ始動技になります。

3D格ゲーは空中コンボを狙って大ダメージを狙う立ち回りが必要になります。

浮かせ技は、中段か上段攻撃になります。大体は中段です。

ですから、

立ちガードが基本なのです。

そして、立ちガードする相手には投げか下段。

投げを狙ってくるならしゃがみガード。しゃがみガードすると読んだら浮かせ技。

とジャンケンみたいな読み合いが常に繰り広げられているのが、

3D格ゲーの面白さになります。

何はともあれ、相手の技を出させてガードして(もしくは技をスカせて叩きこむ)ことがはじめの一歩になります。

だからあんな眠くなるほどガードの話をしてたのかおzZZZZ(やる夫)

ああ、寝てしまったか。

 

 

では、これで3D格ゲーのお話は終わりです

攻めの話がこんなに短いのか!

と思われるでしょうが、一瞬のチャンスをものにして相手を浮かせて空中コンボで大ダメージを叩きこむというシンプルな目的のために、

防御の細かいやりとりがあると、思っていただければなと。

また、

3D格ゲーはゲームによってシステムが非常に違います。

ですので、これ以上踏み込めないのが本音でして…。

かなり端折った部分もありますが、2D格ゲーとの違いを少しでも感じてくだされば

幸いです。

大多数の批判も覚悟しております。

AA書けるうまい人が良い解説を書いていただけるなら、このスレも本望であります。

ありがとうございました。