スター・トレック イントゥ・ダークネスの感想ネタバレ無し

まるでテキストアドベンチャーを見ているかのような映画

事あるごとにキャプテンである主人公は選択を迫られます。

それらが後に重大な影響をもたらします。

「もしここで自分がこの答えを返していたら、どうなっていた?」

と妄想が膨らむ、SF心を心地よく刺激する作品でした。

 

若いが信念を貫き通すみんなのキャプテン

選択の答えは全て、主人公の信念に基づいています。

彼は誰かに言われて心を曲げたり、誘惑に乗ってしまうようなことはありませんでした。

若さ故の過ちももちろん犯しています。

監督が言うように、これは彼が一人前のリーダーになるまでの成長の物語でもあります。

だからこそ、未熟なキャプテンに皆がついていくのでしょう

 

SF好き古参のファンにと言うより、テキストアドベンチャー好きのゲームファンにお勧めしたい

先に書きましたが、主人公はじっくりと考える間も与えられず、

次々と重大な決断をしなければなりません。

それはまさにゲームです。

テキストアドベンチャー*1では、仲間の命運は選択肢一つで決まってしまいます。

幸運やスーパーパワーで逆転できることはありません。

私は、あの一瞬の選択のときに「きっとキャプテンであるゲームプレイヤーは、

何時間も長考したんだろうな」などと邪推してしまいました。

未来のテキストアドベンチャーゲームのヒントが、この映画に隠されているのかもしれません。

今までのシリーズを全く知らなくても楽しめましたので、予備知識無くてもOKです。

 

*1:シュタインズゲートの原作は、この方式のゲーム