劇場版 聖☆おにいさん

内容にオリジナルな部分は特になく、

だいたい原作どおりに、そして不自然にならないようにつなぎがされています。

映画化にあたって、ちょっとした裏ストーリーぽいところを入れているので、そこで一つの作品に仕上がった感じでした。

 

聖人の声優演技

違和感を覚える人は多いと思いますが、

監督があえて狙って素人同然の俳優にオファーしています。

見ているうちに「ああ、彼らはやっぱり聖人なんだ」と思えてきます。

 

感想

原作ファンで単行本全部読んでますが、それでも笑いはこみ上げてきます。

何度聞いても笑ってしまう、いわゆる『漫才』『落語』に近いノリかも知れません。

最近のお笑い漫才やコントは、「間」を雑に畳み掛けるようにしゃべり倒すものが多いですが、

この作品の聖人たちは、丁寧に「間」を折りたたんでいる感じですので、自然と笑いが出てきます。

また、ホロリと涙を誘うシーンがあります。

スクリーンの聖人たちを好きになったなら、きっと涙腺が耐え切れなくなるくらいの。

まさにイイハナシダナー

 

総称

ぜひ映画館で見て欲しいです。

特に効果音やBGMは、ギャグのキモにもなっているので体験して欲しいです。

挿入歌主題歌、ともにいい味出してました。たいてい蛇足で終わるのに、この曲なしでは劇場版は語れませんね。