劇場版HUNTERXHUNTER緋色の幻影の雑感

まず最初に、HUNTERXHUNTERに対する自分の趣向を言っておきます。

・クラピカが出ていないと話がつまらない

・アニメ、原作、ともにコアなファンではない。声優変更についてあまり意見はない

・ゴンとキルア、ともに好きなキャラではない。むしろ嫌い

・他のサブキャラについて何となく分かるのは、ヒソカ・昆虫王・ハンターの長老くらいしかいない

 

ネタバレはありません。

見た感想として、

確かにクラピカが重要な立ち位置になっていて彼がいなければ物語は成立していないが、彼中心に話が進んでいるわけではない。

それぞれのサブキャラに物語の主軸としての立ち位置が定まっていて、それらがからみ合って一本のストーリーになっている。多角的視点で物語を描く際のお手本みたいな出来栄え。

 

よって、クラピカは話の前後(中盤に思わぬ(?)ゲストが出てきてちょろっと)でしか出番がありません。

中盤の主役はゴン・キルア、劇中オリジナルキャラのレツ。

 

より濃ゆいクラピカストーリーを期待していたのですが、話自体が良かったので五分五分といったところ。

特典のゼロ巻は、ジャンプに2週連続で掲載されたクラピカ昔話とちょっとした設定資料と冨樫先生の直筆インタビュー。

クラピカと幻影旅団のこの後はどうなるのか、短い言葉でバッサリ言ってます。

 

結局、HUNTERXHUNTERの主役はゴンなんだなと思い知らされた作品でした。