アイヴィー使いの道〜その16〜メア対策その3

おそらく、これが最終版になると思います
これで完璧なキャラ対が仕上がったのではなく、
ようやく画面向こうのプレイヤーと、流れの読み合いが出来るようになるってことです。
数字で言えば、Ver.0.99ですね。


〜開幕
>グリムスライド系
とにかく、これに移行できる技をすべて調べて
横切りで対処するようにします。


>グリムBガード後
相手に大きな不利が出来ますので、出来るならダッシュで近づきます。
アイヴィーも近づくのが正解だと、現時点では思っています。
その場合、66Bがいい技になります。
8B+K〜6b8で釣り上げるのも良いと思います。そこら辺は好みで
ただ、
66Bと見分けがつかないので、一旦様子みないといけません。
グリム移行技から振ってきたら間違い無くこれ。


>その他、振りの大きい技
3段目以上のコンボはメアにもありませんので、
それをガードしきったら突進。
そして近距離戦に持ち込みます


〜近距離
下段攻撃を確認しない限り、しゃがみ厳禁。
とにかく暴れないこと。相手の攻撃をガードしてから対処が基本。
自分の技がガードされたら3Bで吹き飛ばそう。
以下の対処が難しいなら2Aで全部潰せるので、それで少しづつ相手を追い詰めます。
>1B,1A
メアはこれをガードされてしまうと、あとは下段投げか踏みつけだけになります。
トレモでしっかりと練習しましょう
もしも、
2つの区別が付くのなら、1Bには縦切りで反撃、1Aには横切りで反撃と使い分けましょう


訂正
>33B6、66B
両者とも見分けがつきませんので、2Aで潰した後、CEを叩きこむのがもっともリターンの大きい反撃です
〜お詫び〜
両者の見分けがつかず、同じ技だと誤認していました。
お詫びして訂正いたします。


>4KK
二段目がしゃがみスカしできるので、出来るならCEを打ちたいところ
1[B]B〜6b8[E]を決めるチャンスでもあります
最速クリミが投げられる人は、ここが狙い目


>4K[E]
最近のメアはこれを撃ってこないな〜と思ってたら
ジャスガの的でした。
二段目をしゃがんでジャスガを仕込むと、結構簡単に決まります。
それが難しいなら、しゃがんでから2Aを振ってください。
しゃがみながら2Aを出すと、立ち状態になってしまいます。


>投げ
リングの状況を見極め、一番いやな方の投げ抜けを仕込みます。


>構え移行技〜デキスターホールドA+B〜2A+B*1
メアの決め技。打ち上げた相手をこれで狩ることが多いですが、
その理由が隙だらけなこと。
アイヴィーならどこからでも4K〜8A+B[B]が決まります


>CE
余裕があるなら自分と相手の体力とゲージを確認して、打つ気配を察知。
そして相手がCE打ってきたなら、華麗に横ステップ回避


本当は地震対策とか、グリムK[E]対策とかしなきゃならないんですが、
それは私自身のSKILLがあがってからでも。
グリムK[E]に関しては、前の記事で少しだけ触れております。


これで少しはマシにメアと戦えるとおもいます

*1:翌日追記