トレモの使い方

説明書読んでもわかりづらいですが、
トレモの使い方を簡単にまとめます


・レコードモードの移行方法
2P制御設定→右左に方向キーを動かして、"レコード"の文字を白くします
後は、元の画面に戻って、操作するだけ。
・レコード再生方法
2P制御設定→その下で決定→行動1または2を選択→下にあるレコード再生を選ぶ
後は希望のレコードを再生させます


・行動1と行動2の移行法則
その1
登録された行動が全て終わった時
その2
登録された行動が攻撃などにより、強制終了された時
その3
ガードの場合、すべての連携を受けきるまで続く(間が一定時間開くと移行する)
もちろん、投げられると強制終了になります。
これらを利用すると、以下のことができます。


行動1のレコード1にシバのコンボ
行動2にすべてガード
を設定します
行動1が再生された時、そのコンボに途中で割り込めると、
それが強制終了されたと判断され
行動2に移行します。つまりガードします。
まるで
実践でシバが割り込みに警戒してすぐにガードするかのような行動を
CPUに取らせることができます


行動1も2もレコード可能なので、最大で3種類*1のコンボを組み合わせた9種類の連携をかけることが可能です。
(そこまで設定する必要はあまり出てこないと思いますが)


これらが
説明書では理解しにくいトレモの活用方法です。
ぜひ利用してください

*1:6種類と謝った表記をしていました。お詫びして訂正いたします

広告を非表示にする