レバー入力のコツ

アーケードスティック限定ではありませんが、
レバーということで統一します
テンキー表記に対応しています
789
4●6 ●…レバーの頭
123
左斜め下なら"1" 波動拳コマンドなら236となります。


コツその一【レバーを離さずにコマンドを入れてみよう】
レバーを離す=ニュートラル(テンキー表記なら5)にせずに、
今のレバー位置からコマンドを入力する方法。
おそらくほとんどの格ゲーで通じます。

しゃがみ状態から波動拳を出してみましょう
まずはしゃがんでください。
レバーは真下2か1の位置に。
ここから236を入力します。
そのとき、レバーを離さずそのままぐるりと入力してください
技が出るはずです
波動昇龍拳を入れたいなら、コマンド表記は236623になりますが
236で波動拳を打ったままレバーはそのままにして、23と入力します。


コツその二ソウルキャリバー限定、ダッシュしながら11を入力してみよう】
他の格ゲーでは不可能です。
キャリバーならではの入力方法になります。
前ダッシュは66です
普通に入力しようとするなら、66のあと、レバーを離して、11とやります。
これを素早くやるのはかなり練習が必要です。
ですが
キャリバーの場合、お手軽で確実な方法があります
66321と入力すると11の技が出ます
アイオーンで試してみましょう
前に66と入れてダッシュ
そのままレバーをぐるりと321と回してBボタン
すると、11Bが出るはずです
前に進んでいるのに、後ろダッシュ技が出てしまう。
なんという便利なコマンド
これを知ると知らないとでは実践でかなり差が出ます
同様に
22や88から1へ傾ければ出ます
(88なら7へ入れたほうが早いですが)
もちろん、前ダッシュ技にも応用可能です。


私個人が自力で見つけたわけではなく、キャリバーを昔からやっている人なら誰でも知っていることです。
コマンド入力が苦手な人は、キャリバーのほうがもしかすると楽かもしれません