SCVジーク対策覚え書き

人様に勧められるかどうか本気でわかりませんが
よくジークにしてやられるコマンドをトレモで再現して対策を練る
というものです。
レシピはこちら
※表記説明→*1


ホールドからの対策になります。
注意して欲しいのは、ホールド移行後すぐに技を振らせないこと。
実践でもジーク使いは相手の出方を見て技を振ります。
いわゆる、待ち状態です。


レシピその1「ベースホールド対策」
横切りGI付きなので、キャラによっては厄介(シバ、レイシャ、ピュラなど)
ここからの派生もいやらしいものばかり
レコード1…ベースホールド移行{[B]}〜A
下段横切り。
ガードするには、ジークの後ろを注目して、
剣の軌跡が見えたらしゃがみます。
完全に見切れるなら、ジャンプBも有効です。
レコード2…ベースホールド中B
中段打ち上げ。食らうと天高く舞い上がります。
これも、ジークの後ろを見て、わずかに剣先が見えたら立ちガード。
もしくは腹側へステップ回避
レコード3…ベースホールド中K
突進技。ブレイブエッジあり。
よくダウンやスタン中に振ってきます。
見た目ジークがしゃがんでいるのでしゃがみに見えますが中段なので
立ちガードするしかありません。
読んでステップ回避出来るかもしれませんが、下段・打ち上げの三択と付き合うのはあまり懸命とは言えませんし、派生が早いため
まず無理と思います。
ステップ回避するくらいなら、3Bなどで打ち上げたほうがリターンが大きいと思います。


もしもお使いの流派に派生が早い突進技があるなら
それをベースホールド移行すぐに速攻で叩きこんでしまいましょう
縦切り系じゃないとはじかれるので注意。
この時のジークは縦中段攻撃にほぼ無防備です。
出来れば3Bで打ち上げてやりたいですが、
それをすれば、上記いずれかの餌食になります。


その2チーフホールド対策
ジークの縦切りを極限まで高める構え。
正直、この時は間合いを離して遠くに行ったほうがいいです。
しかし、リーチが短い流派だとそうは言ってられません。
(この構えは、移行専用技を最後に絡めないと別の構えに移行してしまいます。最後に2B+Kを入れているのは、レコード再生をやりやすくするためです)
レコード1…3[B]チーフホールド移行〜B〜2B+K
ガードすると不利になってしまう技
出来れば、避けるかジャストガードかGIしたいところ
のこのこ飛び込んでくる相手を屠る技でもあります
レコード2…チーフホールド中A〜2B+K
これ、上段横切りでダメージも大したことありませんが
3[B]中Bをかわそうとする相手に刺す効果があります
派生も早く、かなり練習しないとしゃがみからのカウンターは取れないと思います。
最も怖いのは、リング際で横ステップを取った時にランカウンターを食らってリングアウトしてしまうことです。
困ったら共通GI(4A+B+K)で弾いて逃げてしまいましょう。
レコード3…チーフホールド中KA+B+K
ジーク主力のブレイブエッジ。
膝を上げてから縦斬りまでのタイミングは完全固定なので、
ジャスガやGIの練習をしておきましょう。
これは壁際で振ってくる傾向が強いです。
全てガードするとジークが有利になり、そこから壁コンボが始まってしまいます。
この技に限り、2B+Kを混ぜない事でベースホールドにランダムで移行してくれたりします。


その3投げ対策
下段投げがあるのでしっかり練習しましょう
レコード1…通常投げ
投げ抜けはボタン以外に、しゃがみとジャンプがあります
レコード2…2A〜下段投げ
2Aの方が普通のしゃがみより早くしゃがめます
これに慣れれば
普通のしゃがみも見えると思います
ガードできるので、成功したら中段カウンターを取りましょう。
レコード3…下段投げ
何もない下段投げも混ぜましょう


シニスターホールドとデキスターホールドは
弱い相手にはそんなに振ってきません
というか、
基本的にホールド移行はジークの待ち状態なので
むやみに突進すると
私のようにボコボコにされて痛い目見ます。
ジークはガードされて有利になる技があまりにも多いので
私の中では最悪流派です


ころころと構えを変えるジークがいますが、
完全に待ちキャラです。
そういうジーク対策は正直わかりかねますが、
絶対やってはいけないは無謀な突進です
そこで、スカ確をとるように動きまわるのですが、私も上手くできません…


私自身がジークアレルギーなので、嫌な技だけをピックアップしました。
もしかしたらもっといい対策があるかもしれません

*1:[A]…Aホールド(長押し)、A…普通に押す、aA…スライド入力、数字…レバー方向。一応、一般的なネット用法です