ジャンケンしましょ。グーしか出せないの?ドラ◯もん

格ゲーはジャンケンゲーである
よく言われることですが、これを実践している人はほとんどいません。
ジャンケンの敷居が高く、初心者はその要素が入っていることすら知らずに止めていきます。


私がやっているのはソウルキャリバーV(SCV)なので、それを元に書きます


私、ものすごく弱いです
とうとうグラコロで500敗超えました。勝ったのは100回だけです。
これの理由がブログの題名です
初心者はみんなドラ◯えもんです
のべ600人の相手の中で100人がたまたまチョキばかり出してくれたから勝てたんです。
でも、
初心者はジャンケンしている感覚すらありません。
では、
ジャンケンの練習しましょう
格ゲーで大切なのは才能でもテクニックでもありません
ジャンケンをしているという感覚と悔しい気持ちです
(私は悔しい気持ちはありましたが、ジャンケンはしてませんでした…)



トレーニングモードを立ち上げます
ソウルキャリバーは、遠距離と近距離の2種類のジャンケンがあります
まず分かりやすい近距離から。
CPUレコードモード3種にそれぞれ
・縦切り(コマンドはB)
・横切り(コマンドはA)
・投げ(コマンドはA+G)
の3つを記録します。
ランダム再生します。
ジャンケン開始。
・・縦切りと読んだなら…横に避けるかガードします。
・・横切りと読んだなら…しゃがむかガードします。
・・投げと読んだなら…しゃがむか投げ抜けします。
これをひたすら繰り返し、
ジャンケンしているんだという感覚を叩き込みます。
食らってもいいんです。それはジャンケンに負けただけです
結果よりもジャンケンしているんだという気持ちが大切です。
お断りしておきますが
実践で使えるジャンケン攻防としては今ひとつ足りません
もっと複雑な行動をしなければなりませんが
まずは感覚を掴んでください。


続いて、遠距離攻防
CPUはジークなど、リーチの長いキャラがいいかもしれませんが
好きにしてもらって構いません
レコードに記録するものは
・8WAYRUNすぐにリーチの長い攻撃
・8WAYRUNのみ
・8WAYRUNしばらくしたあと攻撃
(できたら8WAYRUNは全て同じように前後左右に動かしてください)
この3つをランダム再生します
わかりやすくするため、双方とも縦切りのみにしてください
・・リーチの長い攻撃がすぐくると読んだら…空振りさせます
・・8WAYRUNのみと読んだなら…走って近寄り投げます
・・しばらくしたあと攻撃がくると読んだら…すぐリーチの長い攻撃を当てます
もしも自分が空振ったら、反撃を受けたと思ってください。
つまりジャンケンに負けたのと同じです


これらは簡略化した攻防です。実際はもっと複雑です
上記はこちらの動画を参照しています
D
また、
どうしてもこれがなじまない場合、捨ててしまって自分流を貫いても構いません。