読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オメガのイヴィル日記~1殺笑目~トレモ活用術応用編

タイトルは、「さっしょうめ」と読んでいただいても「ころしわらいめ」と読んでいただいてもどちらでもいいです。

一部では、ノーマルピュラよりカワイイと評判のヤンデレピュラことΩをいろいろ自分なりに調べて、日記帳(ブログ)に付けていこうかと*1

 

正確性はINCOMPLETE CONQUESTという神サイトが断然上なので、今すぐ使える情報が欲しい場合、こちらを御覧ください*2

 

今回は挨拶程度なので、細かいことは書きませんが、私がトレモをやっている時に、

やりやすい方法がありますので、ご紹介。

面倒臭い操作が省けるので、オススメ。

 

レコードのレコードじゃない使い方

私がいつも技の練習をしている場合、木偶のモードは大抵レコードモードになってます

スタートボタン>2P制御設定>上のカーソルを左右に動かしてレコード

こうすると、相手は「立ち・ノーマル・倒れたら立ち上がる」になります

なんでこれにしているかというと、

前回のトレモの設定をいちいちリセットしなくていい

というのが大きいです

また、レコードモードで練習していて、自分の技だけ練習したくなったら、

すぐにこのモードにすれば簡単に切り替えられます(逆も同じ)。

「立ち」は結構深い階層にあって、選ぶの面倒なので、オススメします。

ただし、

受け身設定や空中制御設定は完全に無視して、ただのぼっ立ちになるので、きちんと技の性能を調べたい場合はおすすめできません

 

立ち>1段目ヒット後ガード

次に使っているモードがこちら。

・コンボ練習に最適

コンボが繋がる場合、途中ガードは不可能のはずです。割り込みガードをされないように練習できます。

1段目ヒット後反撃モードからヒントを得た感じです

ただし、ポジションリセットしてもガードから開始する場合があるため、テンポよく練習したい場合は、ちょっと不向きです。

・ヒット方向を調べるのに最適

ガードしなければ木偶は振り向きません。

間違えたら木偶はガードして方角をリセットしてくれます

リングアウトを調べるのに最適

右側面や左側面からのみで落ちる技とか、相手が正面向いていて、右側になら落ちるとか、

これ調べるの結構大変ですよね。

このモードを使うことで、「時計から打ったら落ちたけど、正面に向かせて打ったら同じ方向に落ちるかな?」というのが

簡単に調べられます。

上記で書いたように、振り向かせたかったら何か一撃当てればこっち向きます。

振り向かせたくなかったらなんにもしなければいいのです。

空中制御や受け身設定は受け付けているので、用途に応じて設定してください。

 

他にも皆さん独自のトレモ術があるかと思います。

キャリバーのトレモって最高です

*1:発売してそろそろ一年なので、誰か熱心にしていると思ったら(ry 

*2:リンク許可がトップページにないので、申し訳ございませんが、検索をお願いします