読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイヴィー使いの道~その75~今更、3すくみについて書いてみる

とくにアイヴィーは、中距離3すくみが理解できないと結果に結びつかないキャラです。

3Bばっかり擦って、CE投げばっかり狙う、それでは勝ち続けていくのが難しい。

始めたばかりの人は、痛いほど実感されているのではないでしょうか。

かくいう私も、最初はほとんど理解できず、チンパンな戦い方ばかりしてました。

 

中距離3すくみとは何ぞ?

おおさかさんのブログや攻略本で紹介されていますので、それを読んで理解された方、

また、裏顔初心者講座を見てすでに分かった方は、今回の記事は既出だらけなので、後に書く予定の劇場版ギャバンの感想でもお待ちください。

では、

キャリバーにおける3すくみとは*1

剣先当ては、接近に勝ち

接近は、スカ待ちに勝ち

スカ待ちは、剣先当てに勝つ

剣先当てとは、よく言われる「牽制」です。

牽制のイメージは、空振りで相手を寄せ付けないことと思う人が大半ですし、そういう意味です。ですが、キャリバーはそうではありません。

最低でも剣先を当てることが大前提の格ゲーです。

ですから、わずかでもいいので剣先がこすれる位置で振るというのが牽制になります。

もちろん、相手がそこに飛び込めば(接近)まともに技を喰らいます(ランカウンターやカウンター)。そこから、大ダメージを叩き込めるがアイヴィー

じゃあ、どうするか。

上によれば、スカ待ちをすれば剣先当てに勝つとあるので、アイヴィーの牽制をかわしてしまえばいい。あわよくば、横ランからスカ確ぶち込める。

アイヴィー側が困ってしまった。相手がスカ待ちに徹している。じゃあ、

接近して3Bやら投げやらぶっこみましょう。

え、

それを狙ってくるなら、剣先当てで接近を…

と、

ぐるぐるジャンケン思考が対戦で何度も交錯します。

なぜ剣先を当てることが牽制なのか

キャリバーは相手のスカ確に大ダメージをぶち込むことを狙い続けるゲームです

なので、牽制を空振り距離と勘違いして振ってしまうと…

相手は完全な後出しじゃんけん状態。悲惨な目に合います。

空振り硬直よりもガードされ硬直のが何倍もマシです。

上にも書いたように、剣先当ては、バクステなどで簡単にかわされてしまいますが、

接近には非常に強いので、3すくみとなります。

剣先当てに振る技は何がいいのか

これは一概に言えません。ですが、相手から確反を貰わないことが前提になります。

でないと中距離択ではなくて接近択と同じになるからです*2

ガードされても確反を貰わない技、ガードしてしまうとガードゲージを大きく削ってしまう技、空振りしても隙が非常に小さい技、などを持ちキャラで調べてみましょう。

アイヴィーなら、今更言うまでもなく3[A]、6[A]、6[B]などなど

アイヴィーが中距離3すくみに深く関わっている理由

このキャラの中距離は非常に広いのです。

この考え方は、アイヴィー使いそれぞれ違うようなのですが、私の場合、複数の段階があると考えています。

6Bが刺さる距離から、9B+Kが届く距離が中距離だと考えています。

「9B+Kまで中距離とかそれは違う」と考えるアイヴィー使いももちろんいますが、わたしはこれもよく使うのでそのように考えています

この非常に広い中距離戦を制して出来るだけペースを握り続ければ、勝機は見えてくると思われます。

近距離レンジは3Bが届くくらいだと思っています。つまり、接近したらポーンと打ち上げ。

でも、これが私の考えの全てではないですよ、あくまで基本です。念のため。

だからこそ相手の苦手間合いで戦えるオールラウンダー

上記を踏まえて考えると、

どんなキャラが相手だろうと、苦手間合いさえ把握していれば、そこに居続けてダメージを稼ぐ事が可能だということです。

上手いアイヴィーほどそれをわきまえています。

私はまだまだですが、意識は出来るだけするようにしています。

番外編「置き技」

博打要素が非常に強いですが、相手の接近を見越して技を振ることを置き技といいます。

相手が何にもしてこない、また、軽く接近するだけで技ががスカります。

接近の技だからリーチが短く、リスクが高い。ただし、当たればでかい。

博打せざるを得ない場面、もしくはスカっても逆転されないような場面などに振ると

もしかすると流れが変わるかもしれません。

ピュラエンストが置き技としてよく使われます。

アイヴィーなら6B。

注意したいのは、やり過ぎないこと。多くても1試合に二、三回でいいです。

手痛いスカ確を食らってしまいます。

番外編その2「ガー不キャンセル」

通常3すくみの剣先当ての部分をこれに置き換えてください。

ガー不キャンセルとはそういう使い方をします

これを見て攻撃しようとするとカウンターを貰うもしくはガードされて相手に有利フレームが行く可能性が高いです。ですから

接近に強いと言えます。

じゃあ相手は何もしてこないなら、それはスカ待ちなので、ガー不した側は接近して投げなど。

そんな3すくみです