ピュラ使いの遠回り7回目一応最終回

ピュラで段位戦ロケテをやり続けた結果、アイヴィーに戻ることになりました。

今まで気づかなかったピュラの弱点やアイヴィーの利点をよく知ることが出来ました。

ピュラの弱点、それはなんといってもバクステ狩りに適した技がないことです

剣先間合いで戦う場合、バクステされるだけでピュラはほぼ技を封じられます。

振れる技は、4B(上段盾殴り)と4ABだけです

どれも縦斬りでしかも出が遅いので、バクステinサイドステップで安定になります。

だからこそ、ガン攻めしなければならないのです。

やや近距離で中下段の択をかけつつ、ときには近接で投げ中段の択をかけ、ターンが終われば横ステやバクステで逃げつつ、また飛び込む。

 

また、キャラ対も大変で、拒否技が少なく(アイヴィーに比べればですが)、丁寧に防御をして行かないと負けます。

ピュラで強い人というのは、キャラ対と状況判断が非常にうまい人です。キャラ性能に頼るだけでは安定して勝つのは難しいでしょう。

まさにキャリバーの基本を学ぶためのキャラです。