劇場版仮面ライダーフォーゼxオーズ

ネタバレとバレ無しの両方でレビューします
ネタバレを観たくない方は、続きを読むをクリックしないでください。


その前に一言。
私は、アンチフォーゼです。
なので、かなり偏った見方になることをご了承ください。


無双ゲーと言われる、一騎当千が流行っているせいか
この映画もライダー無双という構成になっています。
昭和ライダーたちは地道ですが、平成(W、オーズ、フォーゼ)は無双です。
フォーゼ全面押しもやむなしと思ってましたが、
まあまあ、許せる範囲の出番だったので良かったかもしれません。
話題(?)のフォーゼ女版は、まあ可愛いのでしょうかどうでしょうか
ちなみに
昭和ライダーの声は全員オリジナルではありません。
一号はそれっぽく聞こえますけど。
オーズはテレビ最終回からの続きになります。
個人的には
Wの活躍が見所ですかね。なので、さらっとしてしまっているので
ちょっともの足りません。

ネタバレです。
アンクが未来から復活!
というちょっと反則、そして希望ある展開はなかなか良かった。
TV版最終話からの続きになっていますので、
観ていない人はちょっとわかりづらいかもしれません。
映司はアンクを復活させるために鴻上と組んで研究しています。
その未来、アンクは復活するということが確定したわけですね。
コンボを贅沢に使った無双はなかなかのものですが、
全部雑魚ってところは…


フォーゼ
話の主軸と言う所が気に入らないのですが
やっぱりこいつらいなくても映画成り立ちましたね。
青春馬鹿を押し通したのは、まあ褒めるべきところでしょうか。
でも、
Wにその時間枠譲れや!
と声を大にして言いたいです。
ハロプロのピンアイドルが出てますが、完全なキーアイテム扱いで、テレビ本編には出て来ません。
死にますからね…。


W
財団Xが絡んだ事件にあの二人が動かないわけがない。
主犯を知ったのは偶然でしたが、
仮面ライダージョーカーに変身してくれたのは本当に嬉しいですね。
フィリップが検索中の時
(彼が「久し振りだね」とWに変身したところからいつも?)単体で戦っているようで。
基本フォームの全てのマキシマムドライブを見せてくれたのはお約束。
フォーゼとの絡みがちょっとぎこちなかった


オーズ
実はストーリーの主軸は、映司だった。
なぜかというと、
Wとフォーゼ二人に会っているからです。
その仲介人も担っています。
未来から侵略にきたライダーもメダル絡み
もちろん、バースの二人も戦いました。
秘書のアクション、映司とアンクのアクションも
吹き替えなしで見どころたっぷりでした。
ぶっちゃけ
オーズとWでかたがついた話だったのに、フォーゼが無理やり割り込んだだけっていう
本当に要らない子ですな


昭和ライダー
哀しいかな、ほとんど活躍しません。
彼らはあんなに弱いはずがないんですが。


フォーゼ二号ライダー「メテオ」お披露目
ブルース・リーのような奇声を上げて戦うようです。
まあ、次の映画まで見ることはないでしょう。


フォーゼさえいなければ、星満点でした。