円卓の生徒プレイ日記16日目「アッー! 二人の白き乙女」

f:id:BraveRUKIA:20111106235433j:image
自らの意思で魔王に仕えるもの、魅了された弱き者と一緒にするなと豪語する闇の者。
少しづつ、魔王の勢力が垣間見えてきました。


ポポログは自分が探し求める願いの叶う石を持つ者と
因縁の対決を前に策を思案している時、
ミンツがなにか企んでいるようです
f:id:BraveRUKIA:20111107001243j:image
その後、ポポログはアッー!!
なにか大切な物を奪われてしまった
そして、石を取り戻した時
「おっぱいネェちゃんとイチャイチャしたい!」
しーん…
何も起こらなかった
石が言うにはすでに願いは叶えたらしい
本当に叶えたかった願いとは(貞操奪還?)?


エルフのエルサはシュヴァリユースの儀式に失敗し落ち込んでいた。
だが、真の覚悟を決めたエルサは再び儀式に立つ
すると…
f:id:BraveRUKIA:20111107031921j:image
裸のまま、誰かとイチャイチャ
そうか、それが儀式だったのか!だったら最初から私に
(は、ルーミ、これは違うんだ。待て、話せば分かる。ぎゃぁぁぁ)
エルサ出生の秘密が明らかに。
両親が分からないまま、巫女になった彼女の真の素性とは?
それを聞いたルーミも落ち着いたようで
また素晴らしい夜を一緒に過ごしましたとさ
めでたしめでたし


魔王の結界に突入する時がやってきた
不安がるルーミの手を握り返し、彼女と共に魔王打倒を決意するのであった。


そしてとうとう、私の前に
f:id:BraveRUKIA:20111107032823j:image
光の乙女たちが揃った。
さあ、これからが本当の戦いだ。


(此処から先、見せてはいけないネタバレばかりになってしまうので画像アップは自重いたします。
最後の戦いをこの目で観たい人はどうぞ製品版をお買い上げくださいませ。
文章でこれからもプレイ日記は続けていきます。
これからもよろしくお願いします)