劇場版仮面ライダーオーズ&海賊戦隊ゴーカイジャー3D

正式名称
「劇場版仮面ライダーオーズWonderful将軍と21のコアメダル」
同時上映
海賊戦隊ゴーカイジャーTheMOVIE空飛ぶ幽霊船」
ともに、3D&2Dです


3Dで鑑賞
ゴーカイジャーは、宇宙最高のお宝はこれだ!
な話
見どころは、初CGによる巨大メカ戦闘
伝統的なロボスーツ戦闘もおりまぜつつ、CGで再現された縦横無尽に動きまわるロボ戦はなかなかの迫力。
個人的に不満なのが
ゴーカイシルバーが前座扱いということ。本編では全く活躍しません。
ガイ好きなんですけどね〜。


続いてオーズ
これがメダルの謎だ!な話になるとおもいますが、
いかんせん、パラレルなため、テレビ放映の時間軸を全く無視してます。
混乱すること必至なので、劇場版パンフレットなどである程度予習するといいかもしれません。
見どころは、松平健が久々に扮する徳田新之助(徳川吉宗)の殺陣。
普通の武器はもとより
銃弾ですら歯が立たないヤミー相手に、真剣のしかも峰打ちでバッタバッタと倒していきます。


暴れん坊将軍といえば峰打ちの殺陣ですが、
一応、この場合理にかなっているのです。
硬すぎる敵相手に刃で切れば刃こぼれしてしまいます。
峰打ちなら
斬るから打撃になるのです。
実際の戦いでも、峰打ちで相手の骨を叩き折るなどをやっていました。
物凄く痛いのです。鉄の塊なのですから当たり前です。


それにしても、オーズやグリード同等の戦闘力を持つ将軍様て、
何者なんでしょ(笑)


最後に
新仮面ライダーお披露目。
いわゆる不良の姿なのですが、爽やかすぎます。
ギャップ狙いなんでしょうか。
戦闘シーンは、びっくりすることはなくサラっと終わりました。
いつもはインパクトを残してくれるんですけどね


3Dの恩恵は
ゴーカイジャーに出てきたおばけと
コアメダルを投げるときに飛び出して見えるくらいです。