ドリームクラブゼロのインプレッション

ノノノ可愛いよ。ノノノ。


これで終わってはブログの意味が無いので
レビューを書きます。

  • インターフェイス★★★☆☆
  • グラフィック  ★★★★★
  • 求心力     ★〜★★★★★
  • キャラの出来  ★★★★☆
  • 実績      ★★★☆☆


やや操作しづらい場面もあり、全体的に特記すべきところはない。
セリフ枠を消したままでも会話が進むので、より臨場感を味わえる。


その場にいるかのようなホストガールのグラフィック
アニメチックだけど、体形が現実離れしていない分、
そこに没頭できる。
いわゆる「乳揺れ」が抑えめという評価を耳にするが、
全く揺れていないわけではない。
前作を知らなければ不満はないと思われる。
ローディング画面は暗転しない。
これも何気に良い配慮。
現実に叩き戻されることはない


ゲームクリアまでのモチベーション、つまり求心力は
選んだホストガールによって激しく変動するだろう。
バイト→来店→ホストガールとの戯れ
ただ浸すら
これの繰り返しであり、ドラマチックな展開は殆ど起こらない。
いわゆる「芸者遊び」的な要素もあるものの、
やはり
ホストガールがどれだけ好きかに掛かっている。
終盤に差し掛かると、同じ会話が繰り返されるのが目立つなど
食傷気味に成りがち
それでもピュアな心があれば乗り越えられるだろう


キャラは、本当に統制が取れていない(笑)
現実なら店のカラーというものがでるものだが、
ホストガールたちは、そんなことお構いなし。
指名したその娘がNo1であるかのように振舞う。
逆に言えば
プレイヤーを飽きさせない個性豊かなキャラクターたちと言える。
親密になれば、アフターやデートなどを楽しめるようになる
ちなみに
アフターやデートにお金はかからない(別腹?)なので
所持金が寂しくても安心


実績目当ての場合、この上なく作業であり
一部高難易度のものがある。
また、五周を超える周回プレイを強いられるため、
これだけのために購入することはオススメできない。
だが、
隠しキャラ2名の解除条件が実績解除率に掛かっているという
挑戦的な仕様なので、
頑張らざるをえない
ピュアな心を持ち続け、何度も楽しもうという気になりさえすれば
それほど難しいわけではない。


DLCに関して
アンロック要素がほとんど。
隠しキャラ2名もリアルマネーさえ払えば簡単に出せる。
前作のDLCも適用できるので
そこは高く評価したい
残念なのが
カラオケの曲が少ないということ。
せめて、ホストガールたちの持ち歌を使いまわせるようにして欲しい


以上。
とにかく、
気になるホストガールが一人でも居たら買え。
とピュア紳士に命令する
むろん、
ピュア遊びが気に入ったらでも良い
「おくちあーん」バナナは、初回から出来る。