今年の憂いと期待

元旦。
卯です。明けましておめでとうございます。


今年の憂いは「民主党
もう一々あげてたらキリがありません。
「言っちゃったけど、出来ませんでした(ドヤ顔」
「中国様バンザイ」
こんな政党を選んだ有権者は深く反省し、次の選挙できっちり蹴りをつけてください。


東京都知事選挙」
私は都民ではありませんので見守るしかありませんが、
ぜひとも、石原を蹴落としてください。
今回の無茶苦茶な法案に賛成を投じた議員もろとも。


口蹄疫
外務省ホームページにひっそりと告知していますが、
韓国・東南アジアを席巻しています。
年末年始の海外旅行客の出入りで、日本国内の感染はおそらく免れないでしょう・・・。
今の政権で、これを食い止めることが不可能なのは明らかです。


期待をあげましょう。
国家レベルの期待はありませんが、ゲーム業界としてみれば
今年は躍進の年になりそうです。


Kinect
このデバイスは、ゲームの枠を超えて広がっています。
Wiiのヌンチャクと明らかに異なる部分は
モーションキャプチャー」が付いていることです。
振ることでしか伝えることが出来なかった動きを
全身の動きを認識してゲームに反映する。
これが
革新をもたらすのは間違いないでしょう。
Xbox360本体がなければ、アップデートを受けることが出来ませんが、
単体のみ購入してPCに接続する人も多いようです


エルシャダイ
ゲームタイトルですが、発売前からの注目度はおそらくゲーム史上類を見ない勢いです。
新規タイトルでここまで盛り上がりをみせているのですから、
ゲーム本編の期待も自ずと上がります
世界で200万本売れてくれればなと思っています

広告を非表示にする