仮面ライダー電王三部作制覇(ネタバレなし)

全てのシリーズを見ました。
ストーリーバレは決してしませんので、DVD購入を考えている方は参考にしてください。
なお、全編にわたり佐藤健くんは登場しませんのであしからず
(戻ってきてくれ〜)


エピソードRED
ゼロノスの中の人の淡い恋心のお話。
監督は聞いたところによると、韓流ドラマの影響を受けたとか。
一言で言うと「爺、長い」「しかし殿」
です。
ゼロノス&デネブ大好きなファンのためのファンによる映画という感じがします。
逆に言うと、それほど思い入れのない人には退屈この上ない映画でした。


エピソードBlue
New電王のお話。この三部作の中で一番"電王らしい"お話です。
頭のいいひとは、すぐに落ちが分かってしまう内容ですし、お約束もあります。
特撮アクションもそこそこ楽しめました。


エピソードYellow
ディエンドの話
「何故にディエンド?」と思い観ましたが、
まあ、あの話を描くなら彼以外に適役はいないでしょうけど
新しいイマジン出せば良かったやん
と思ったのは俺だけでしょうか。
三部作中、もっともアクションに力が入った作品です。
正直、これだけ観れば他の作品は観なくて良いです。
ストーリー的にも全くと言って良いほど繋がってませんし
(REDにあったオーナーの不可解な行動の訳が、この話で分かるだけです)
現良太郎役の子も頑張っているのだけど、
やっぱり、台詞の重みは本家に勝てませんね…。
ストーリーの流れは
「何故?」
「ハラハラドキドキ」
「泣けるでぇ」
「うわぁっ台無しだよ」
良くできてますね。


と、駆け足に紹介しました。
まだ見ていない人は、イエローだけでも見てください。
他の劇場版仮面ライダーを観てきた皆さんにご褒美があります。
特に、Wの映画を観た人には。
ちなみに
この映画の後、次回仮面ライダーW映画3Dの詳しい予告があります。
シュラウドの正体?
白い仮面ライダーは誰が?
フィリップの身に何が?
と、盛りだくさんです。