座頭市TheLastレビュー

f:id:BraveRUKIA:20100529151043j:image

映画を観に行きました。
まず最初に言います。


三流映画です。
お金払う価値というより、スクリーンで観る価値はないですね
地上波待った方がマシです


細かい評価行きます。


脚本…三流
主人公である市を中心に物語が展開していません。
名前を題名に冠している以上、これは致命的です。
故に何を主題にしているのか全く見えてきません。
低視聴率ドラマを見ている感覚に陥りました。


演出…三流
殺陣が凄い?
いえいえ、全く。
間延びするシーンの使い方とか、無駄と思えるようなカメラワーク
意味の分からない最後の決戦演出。
監督さんはこれが初作品?
きっと、人情を描くのは上手いんでしょうね。それが仇になって空回りしてます。


俳優…一流〜二流
今回は役者たちがものすごい頑張ってます。
香取慎吾もきちんと演じきっていますし、
心配だった反町孝史も良い演技してました。
でも今回は、本や監督が駄目なら、どんな名優使っても駄目だといういい証明になりましたね。
加藤君要らなかったです。子役がストーリーに絡む余地はありませんでした。
話題作りで投入された可哀想な子てことで。


よって、三流という批評を私は下しました。
任侠映画にしてしまえば良かったのに、どこで狂ってしまったのでしょう。
クランクアップはかなり前だったそうなので、
もしかして監督は、長い期間なんとか編集で盛り返そうとしたのかもしれません。
同情してしまいます。