こんにちわ
たまにはオカルト全開で行こうかと思います。
※うp主の主観(妄想)が多分に含まれています。


生物が体から発する、通常の目では捉えることができない光。
それがオーラだといわれています。
だいたい、七色あると言われています(光なんで当然といえば当然)


オーラの種類と性質を上げていきます
七色全てを解説することは出来ません(全部見たことがない)
ちなみにうp主はオーラが見えますし、霊視*1もできます。


白色あるいは七色…オーラ最高の色です。徳の高い人ほどこれが強く、
   オーラが見える人(この記事では便宜上霊感の強い人とします)にはまぶし   く写ります。
   ローマ法王とかがそうですね。ものすごく眩しかった。
紫…特殊な力(規模に大小あれど)を持つ人や才能がある人に現れます。
橙色・黄色…健康な人が持っている普通のオーラです。
      オーラの層が厚ければ厚いほど良いとされます。
      いわゆる生命力の象徴です。
赤色…感情の強さを表していて、主に怒りなどの激情時に発します。
青色…負のオーラの代表的なもので、悲しみや身体の変調を来たしている時に
   部分的に現れます。
   例えば、胃が痛いときはそこだけ青くなったりします。
黒、あるいはオーラが欠けている
  …明らかに異常を示すオーラです。
   黒は何らかの霊的な攻撃(霊障)を受けた可能性があります。
   欠けている場合、身体に傷を負い、そこを修復するため周りのオーラを
   吸収しているときなどです。


オーラの○なんて番組がありますが
あの人偽者です(本物だろ!と信じている人はご自由に)
根拠として
まるでオーラが見えていない。(私が見えていることと見当違いのことを言いますw)
透視なんてものは、下調べしてしまえば誰でも出来ることです。
逆に言えば、透視能力なんて必要ありません。
カウンセリング技術を使って巧みに分析しているだけです。


ちなみに「気」とは生物的にいえば呼吸です。
呼吸法を多少変えることにより身体能力を引き上げる技術です。
霊的に言えば、
霊気になってしまいますね。
神社とかに入ると身体が浄化された気分になったりしますが、それは気が関係しています。
これは、霊感の強い人が見ると、発光する煙のような姿をしています。


気についてはまた次回。

*1:幽霊や気が見えたりする程度で透視なんて無理です