登場人物
Kei(K)・・・お年玉を貰いにアジトに出勤。
Sada(S)・・・娘にお年玉をあげて出勤。携帯電話はまだ早すぎると説き伏せた。
Parara(P)・・・ホストにお年玉あげすぎて、玉の輿(残し)になれず放心二日酔い。


K「おけおめ。お年玉よろ」
S「鉛玉ならいくらでもあげよう」
K「冷たい! 額が冷たい!」
P「こら。銃口を向けちゃダメよ」
S「よう。昨晩は楽しめたか」
P「…もう、ゲンジくんのバカぁ〜」
S「やれやれ」


K「あの、そろそろ銃口を下ろしてくれませんか」
S「よし。ならターゲット変更を教えよう」
K「あの。笑いながら安全装置を解除しないでください」


K「まだ額が冷たいよ。
 IA中のターゲット変更なら知ってますよ。でも、正確に行えたためしがないです」
S「上級者向けのテクニックだ。
 逆に言えば、それをせざるを得ない状況に持っていかないように立ち回るのが
 戦場の基本だともいえる」
K「でも、法則くらいは教えてくれるんでしょ?」
S「ああ。
 IA中の画面内で、平面的に見て近い順に敵を右キーで切り替える」
K「は?
 訳が分かりません」
S「だろうな。しかもミスするとチャージキャンセルされるから余計たちが悪い」
K「だから、もっと分かりやすく教えてくださいよ」
S「シミュレーターを起動してくれ」
f:id:BraveRUKIA:20100101125313j:image
S「エリア2の状況だ。
 どれが一番近くて、どれが遠いか、分かるか?」
K「いくら僕が神学校きってのギリギリ卒業生でも分かりますよ。
 アイテムボックスが遠くて、トーチカが近いでしょ」
S「なら、
 この状況だとどうだ?」
f:id:BraveRUKIA:20100101125603j:image
K「ドラムキャリアが一番近いんでしょ。遠いのがアイテムボックス」
S「立体的に捉えたらそうなるが、ターゲット変更の場合だとそうはならない
K「へ?」
S「平面的、つまり一枚の絵として見た場合、トーチカが一番近い。
 その次にギャング、奥のチートカ、奥のギャング、ドラムキャリア、アイテムボックス
 先ほどの写真も同じように考えると、アイテムボックスとドラムキャリアの距離はそれほど変わらない」
K「さっぱり分かりません」
S「つまりだ。
 奥行きは一切考えられていない。
 しかも、IA中のカメラアングルで平面的距離感は変わってしまう」
K「頭がパンクしそうです」
S「理解しようとすると難しいだろう。
 IAの状態で無いときに、なんどもターゲット変更して、慣れるしかない
 『奥行きを考えない』ことを頭に入れることだ」
P「Keiくんはもう倒れたわよ」
S「一度で理解できるものではないからな」


P「今回で、EoEチュートリアルは終了です。お役に立てたかしら?」
S「公式ブログにも細かく解説してあるから、ぜひチェックしてくれ」
P「では、製品版での貴方たちの活躍を祈ってるわ」
K「グッド…ラック…(ガク」