登場人物
Kei(K)…水○ヒロ似の青年。でも中身はアホ
Sada(S)…吉川○司似のおっさん。でもシンバルキックは腰が泣く。
Parara…いんらんピンク。誰に似ているかは読者任せのイケメン好き。


PMFにてシミュレーター訓練を受けているKei
k「Pararaさん。その技を教えてください」
P「インビンジブルアクション(IA)よ」
K「舌噛みそうなので復唱は遠慮します」
P「ニューカマーモードやったなら分かるんだけど」
K「知りませんよそんなモード」
S「勝手に設定したからな」
P「てへ」


K「で、IAて?」
P「『一方的に相手に移動攻撃できる技』よ」
K「ちょっちょっ、なら、なんで最初から教えてくれないんですか」
P「基本は大事よ」
S「おかげで、有り難味が身にしみただろ」
K「いや、まだ試してないんですが」
P「早速試しましょう」
f:id:BraveRUKIA:20091229093308j:image
K「ここでXボタン押せばいいんですね」
S「ああ」
K「ポチ」
f:id:BraveRUKIA:20091229093513j:image
K「なんか線が出ましたね」
P「それがIAでキャラクターが通る道よ」
S「あくまで、予定だがな」
K「無敵なんでしょ?」
S「障害物や大きな敵にぶつかると止まってしまうんだ。覚えとけ」
K「Sir!」
P「もう一度Xボタンを押すと動くよ。チャージが限界までたまったらAボタンね」
K「はい」


K「あれ?」
S「どうした」
K「画像は?」
S「うp主がチャレンジしたが、携帯写メでは無理だったらしい」
P「まあ、そこはみんなのシミュレーターで確認してね」
K「でも、本当に一方的に攻撃できるんですね。これは便利」
S「そうとも限らん。下にゲージがあるだろ。
  ISゲージと言って、これを一つ支払って行うんだ」
P「それに、IA後に攻撃を受けることもあるし」
K「無敵では?」
P「IA中も敵の時間は流れているの。狙われていた場合、IA後に撃たれる可能性はあるってこと」
S「そいつを攻撃すれば、キャンセルは可能だ」
K「狙われているかなんて、どうやってわからんですか?」
S「キャラクターステータスに、ターゲットマークがあるだろ。それだ」
P「白は狙われていない。黄色は狙われている。赤は撃たれる寸前」
K「へー」
f:id:BraveRUKIA:20091229095555j:image
K「あれ? 線の色が違いませんか?」
P「仲間二人の間を通らないとそうなるの」
S「仲間との連携プレイ『レゾナンスアタック』が使えるから、できるだけ通ること。基本だ」
K「俺は、孤独の戦士。仲間なんて一々構ってられっか! 特攻!」
S「おいっ、こらっ」
f:id:BraveRUKIA:20091229100242j:image
K「な、何が起きたんですか? 貧乳リーンベルちゃんがガクブルしてますよ」
S「おまえ、後で殺されても知らんぞ」
P「これは『デインジャー状態』と言って、ゲームオーバー寸前てことよ」
K「そ、そんな。何か手があるはずだ」
S「お前の脳は手の施しようがないがな」
P「そこにクリスタルみたいなものが落ちているでしょ。
 ISゲージの破片と言って、拾うと破壊されたISゲージが元に戻るわよ」
K「ISゲージて、破壊されちゃうんですか。
  聴いてないよ!」
S「お前が勝手にこの状況を招いたんだろうが!
  初プレイでもこんな奴いなと思うぞ」
K「ここにいます(えへん)」


K「せ、世界が一回転したような。頬が痛い」
P「殴られても仕方ないわね」
K「拾いましたが、ゲージは白いままですよ。ガクブル直りません」
P「敵の装甲をはぐか、倒すしか回復の方法はないわよ。
 もっとも、この状況から回復するのは
 私たちベテランPMFでも至難の業だけど」
K「ええ。死んじゃったらどうするんですか」
S「その仲間の死を悼みつつ、逃げる」
K「は、薄情な…」
P「戦場では、仲間の死は大きな戦力ダウンよ。スリーマンセルで行動するPMFでは
 絶望的な状況と言えるわね。仕方が無いのよ」
S「これはシミュレーターだ。リトライすればやり直せる」
K「なんか、自信なくなってきた」
P「だから、仲間と協力して敵を倒す『レゾナンスアタック』があるのよ
 次回はそれを教えるわ」
K「悲しいけど、これって戦場なのよね」